こちらに共通ヘッダが追加されます。

用語解説

資料を探す、利用状況を確認するためのサービス・システム

用語 説明
DOORS
(WebOPAC)
DOORS(DOshisha Online Retrieval System)とは、同志社大学の学術情報検索システムの名称。
資料が大学図書館にあるか、存在する場合はどこに配架されているのか、更にその資料はどのような状態となっているかなどを検索するシステム。タブ切替によって、さらなる学術情報の検索が可能。
ちなみにWebOPAC(Online Public Access Catalog)とはオンラインの所蔵目録である。
My DOORS ログインすることで、借りている資料や各種サービスの申込状況など、利用状況を確認することができる。
Mobile DOORS 携帯電話版のDOORSで、携帯電話を利用して、資料を検索するシステム。
資料検索だけでなく、開館の確認や利用状況の確認、貸出更新なども行うことができる。
同志社大学
学術リポジトリ
同志社大学学術リポジトリとは、本学の学部、研究科、研究所、センター及び研究センター群に 所属する教職員・大学院学生等の研究者及び研究プロジェクトが生成した電子的形態の研究成果・ 教育資源等の学術コンテンツを一元的に収集・蓄積・保存し、無償でネットワークを通じて世界に 向けて情報発信を行うシステム。
DOGS Plus
(統合検索システム)
学内の資料のみだけでなく、本学が契約している有料データベースの一部、無料データベースなど幅広い学術情報を横断検索することができる検索システム。
データベース検索ポータル 新聞記事、学習雑誌、学会誌などの文献記事や判例、人物情報、企業情報、辞・事典類などが検索できるデータベースのポータルサイト。電子化された学術雑誌(主に欧文3万誌以上)の記事や論文がパソコン上で閲覧できる電子ジャーナルが利用できる。
同志社大学
電子ジャーナル・電子ブック
(リンクリスト)
本学で利用可能な電子ジャーナルと電子ブックのタイトルリスト。
電子化された図書や学術雑誌の記事や論文がパソコン上で閲覧できる。
ArticleLinker
(アーティクルリンカー)
データベースでどんな資料があるか検索を行った結果から、本学で利用できるサービスへナビゲートするシステム。
Citation Linker
(サイテーションリンカー)
必要とする論文情報(DOI番号・PubMedIDなど)がすでにわかっている場合に本学で閲覧可能な電子ジャーナルへのリンクを参照できるシステム。

資料を利用するときの豆知識(50音順)

用語 説明
アーカイブス資料 古い資料を保管して利用に供することを目的とした資料。
例として本学には「竹林文庫」などがある。
ESL資料 第二外国語として英語を学ぶための学習用教材。
(cf,ESL(English as a Second Language)とは、第二言語としての英語。英語を母語としない人々のための英語である。)
引用文献 自分の論文やレポート等の中で、他者の考えや著作、研究結果等を、間接的にあるいは原典のまま引用したもの。
(cf,参考文献:自分の論旨を展開する中で、示唆を受けたもの、あるいは特に関連の深い論文や著書を指すもの。)
奥付 図書の末尾、最終ページ、時には裏表紙の内側などに、著者・編者・訳者等の名、書名、出版者、印刷者、印刷・発行の年月日、版次、価格、著作権その他の出版上の条件等を表示すること。
開架 利用者が直接書架に接し、自分で資料を手に取って内容を調査し、資料を選択できるようになっている閲覧方式。
これに対して、図書館職員に書庫から取り出してもらう方式を閉架式という。
加除式資料 製本されておらず、1枚1枚を加えたり抜いたり(加除という)自由に差しかえのできる資料。ルーズリーフ資料ともいう。
法令集や規格など、最新性を要求される資料に多い。
巻号 逐次刊行物(雑誌)の巻や号を表す。
機関リポジトリ 大学や研究所などの学術機関によるさまざまな知的生産物を電子化して公開するシステム。インターネット上で、学術論文、学術雑誌の掲載記事、各種教材などを収録したデータベースを利用できるサービスを提供している。学術機関リポジトリ、単にリポジトリともいう。
紀要 大学・研究所が研究論文を発表するために発行する定期刊行物。
禁帯出 図書館内での閲覧のみに供し、館外への貸出を認めない資料。
貸出から除く資料。貸出禁止の図書。
件名 図書資料(著作)の主題(subject)を簡潔なことばで表したもの。件名標目ともいう。
主題を日常的な用語で表現し、目録体系に採用されることばが統一的になっているため、「件名」欄を使って検索することで効率よい検索をすることが可能。
参考図書
(レファレンスブック)
辞書・事典類、百科事典、図鑑、年鑑、統計類、ハンドブック・便覧類、書誌・索引・抄録など、調べ物につかう資料。
参考図書室に配架されており、基本的には貸出不可。
逐次刊行物 新聞・雑誌などのようにひとつのタイトルをもとに、終期を予定せず、巻号・年月次を追って逐次刊行される出版物。
図書 一般的には本と同義に用いられ、文字などが書きこまれた紙葉などをひとまとめに冊子の形に綴じ付けたものをいう。
日本十進分類法(NDC) 日本で多く使われている図書分類法。同志社大学図書館もこの分類を使っている。
マイクロフィルム
マイクロフィッシュ
資料をフィルムに写真縮小したもの。マイクロ写真資料のひとつである。専用の機械で読取る。
ロール・フィルムに1冊の資料を連続撮影したものをマイクロフィルム、碁盤目にマイクロ写真を並べたものをマイクロフィッシュという。

※参考文献:日本図書館協会用語委員会編集『図書館用語集』日本図書館協会 , 2003<010.3||N9327>

MENU

  • ツアーを開始する
  • フロアマップから見る
  • 目的別で見る
    • 図書館の入室/退室
    • 図書を借りる/返却する
    • 図書を探す
    • 新聞を読む/DVDを見る
    • 館内で自習する
  • 用語解説
  • 図書館探索!セルフガイド